中高年・シニア対象!初心者向けパソコンテキスト

「かゆいところに手の届くテキスト」ができるまでの経緯

現在のテキストの原型ができる

私は、平成11年7月に三木校を開講し、当初から教室オリジナルのテキストにこだわって作成してまいりました。最初に作成したテキストのみすぼらしいこと!
それでも当初は、授業方式で取り組んでいたために、テキストの至らぬ点を黒板に書くことで補うことができました。当初はOffice97(Word98,Excel97)でしたが、作成したテキストの数は次のように6冊に及びます。
Windows基礎,Windows応用,Word,Excel,ホームページ作成,ネットワーク

そして、Office2000が出てきたときにこれだけしんどい目をして作成するのだから、他のパソコン教室でも同じように、オリジナルテキストを使っているところは大変なはずで、いいテキストがあるなら、買った方が早いと思うようになりました。しかし、お客様がよく間違われるようなところが詳しく書いていないのです。それなら、当教室で作成してみようと考えて、試行錯誤しながら、今のテキストの原型が出来上がりました。

このままのテキストではダメ

作成したテキストの数は

パソコン入門,Windows基礎,Windows応用,Word基礎,Word応用,Excel基礎,Excel応用,Excel関数,ホームページビルダー,インターネット,電子メール,PaintShop,Access基礎,Access応用,ExcelVBA

の14冊に及びました。

そして、他のパソコン教室にも使ってもらおうと呼びかけ、全国で8教室と契約しましたが、1年後の契約更新時には、もう教室は閉鎖しましたとの回答が多く愕然としました。
この回答が何を意味しているか? いろいろと私なりに考え、これではいくら契約に漕ぎ着けても来年がない以上無駄になると思い、もっとわかりやすいテキストの作成と、契約の相手先の教室が多くの生徒数を確保できるように対処する必要があることに気づきました。

テキストの改良を重ねて

OfficeXPが出ると同時にテキストを作成しなおし、今のテキストはOfficeXPに変わってから、3冊目のテキスト、つまり3度も作成しなおしたことになります。完成してから、まず最初に当教室に3年以上通っていただいているお客様に使ってみてもらいました。
そのお客様が「本当にインストラクター要らないわ!」(当初のテキストは「インストラクター不要のテキスト」と名づけていました)と言ってもらったときに「ほっ」とため息が出たほどでした。それを聞いて、このテキストにならって他のテキストも作り変えようと1年以上かけて、これまでのテキストがすべて完成いたしました。
今回のテキストでは、おじいちゃんやおばあちゃんにもわかるように間違いやすい点を記載して、操作のポイントとなる部分を記載し、かつ、Microsoft Office Specialistの試験対策にも使えるように考えました。
Microsoft Office Specialist対策だけにターゲットを絞った教室では、少し使いづらいかもしれませんが、中高年の主婦や老人にターゲットを絞った教室では、本当に役に立つテキストだと自分でも思います。

テキストの位置づけ

インストラクターの負担を減らす

テキストがいくらいいからといって、それだけで生徒数が増えるものでもありません。それははっきりと言っておきます。生徒数が増えてきたときに、少しでも多くの方をくまなくお世話しようと考えたとき、1人にかける時間を少しでも減らすということが条件となります。1人にたくさんの時間をかけてしまうと、他のお客様がおろそかになり、しいては不満を漏らす結果となってしまいます。少しでもインストラクターの負担を減らし、たくさんのお客様を少ないインストラクターでお世話できるようになる手助けにとお考えいただければ思います。

インストラクターの役割とは

いくら、テキストに記載したとおりに操作すれば、同じものが出来上がるようにと作成したものでも、お客様はまったく同じように操作しないのが常であります。クリックの苦手な方は、クリックしなくてもいいところでクリックしてしまいますし、テキストとまったく同じように操作しろという方が無理です。したがって、テキストの操作と違う操作をされた場合にインストラクターの手助けが必要となるのです。

このような教室にお勧め

ターゲットを絞る

パソコン教室自体が増えたり、減ったりで飽和状態となった今、これから先、新規に開講すること自体が難しい状態です。安易な考えでパソコン教室をすれば儲かると思った方などは、相当痛い目に合ったと思います。これだけパソコン教室の数が増えれば、生徒数の確保すら難しく、開講して半年ぐらいで閉鎖するところが増えるでしょう。
教室を運営していく上で、ターゲットを絞ることが大切です。小・中学生に絞るのか、高校生・大学生に絞るのか、ビジネスマンに絞るのか、主婦に絞るのか、中高年のシニアに絞るのか?

中高年のシニアの方を対象に

このテキストは、特に中高年のシニアの方に絞った教室にたいへん役立つテキストとなっています。
後、これから私たちとともに、テキスト作りにいろいろな意見を述べていただき、少しでもお客様のためにいいテキストを作りたいとお考えの教室様にご提供し、よりすばらしいテキストを作っていきたいと思います。最終的には、このテキストがほしいのであれば、あそこのパソコン教室に行かないと手に入らないと言ってもらえるほどのテキストを目指して、皆様といっしょに頑張っていきたいと考えております。

ともに良いテキスト作りを

まず、今の現状に満足せず、より一層お客様の満足を最優先に考え、少しでもいい教室作り、少しでもいいテキスト作りにご協力していただける教室様と手を結びたいと考えます。
このように厳しい状況の中で、いつまでもパソコン教室というサービス業にこだわり続け、厳しい状況でも勝ち残りたいとお考えのパソコン教室様、前向きでもっともっと地元の方に貢献して、喜んでもらいたいとお考えの教室様は、ぜひ当教室とご契約いただき、いっしょにいい教室作り、いいテキスト作りに励んでいきましょう。

これからの展開

地元密着型の教室を支援

当教室と同じ思いで取り組んでいる教室を探し、少なくとも各県1校のモデル店を発掘して、当教室と同じ思いで取り組んでいる教室がさらに発展できるように手助けしたいと考えております。
当教室はテキストを売ることで利益を上げさせていただき、提供先の教室は、地元密着型の教室でより多くの生徒数を確保していただき、そこに来られたお客様は、わかりやすいテキストだと喜んでいただくという、それぞれにメリットがあるようにしたいと思います。

当教室見学のおすすめ

このような私の考え方に賛同いただける教室様は、ぜひ一度当教室をご見学いただくことを強くお勧めいたします。これまで、地元の兵庫県、近畿・中国のパソコン教室様が多く見学されました。中には、初めから見学のみの教室様も何校かありましたが、お会いさせていただいた方の中には、自分の利益中心で考えておられる教室様もありました。私の考えでは、生徒数を増やすことができないだろうと想像できる教室様もありました。
小手先の小細工で生徒数を増やそうとしても、限界があります。一度増えた生徒数も自分の利益中心で考える教室では、1年も経たないうちに生徒数が減少するでしょう。

どこにも負けないテキストを目指して

商売に何が必要かという原点に戻って考えていただければ、生徒数を増やすことに何が必要で、「かゆいところに手の届くテキスト」が教室でどのような位置を占めるかもご理解いただけると確信いたします。
当教室のように小さなパソコン教室が多くの生徒数を確保し、そのパソコン教室からだけでなく、そこに通われるお客様からも慕われるテキストになることが、私の今の願いです。小ロットで印刷しているため、少々お値段が他のテキストに比べてお高くなりますが、その分、いろいろなご意見をお聞きして今後より一層使い易いテキストに変更を加えていきたいと思います。
少しでもたくさんの教室と力を合わせて、どこにも負けないテキストを作成していきたいと思いますので、すでにパソコン教室を経営されている教室様、これから教室を開こうとお考えの方は、ぜひお力をお貸しいただけるように、心からお願いいたします。

このような私の考え方に賛同して、共にいい教室作り、いいテキスト作りに精を出しても構わないとお考えの教室様は、ぜひご一報いただけるようにお願いいたします。

テキストのメリット

テキストがあなたにもたらすメリット

テキストを使っている生徒さんの声

テキスト

  • わかりやすくてパソコンが苦手な私にもぴったり。(50歳代女性)
  • 見やすくて内容もわかりやすい。(80歳代女性)
  • 基礎をしっかり覚えられて練習問題も楽しい。(30歳代女性)
  • 物覚えが悪いので,「なんだっけ?」と読み返してます。見やすい。(70歳代男性)
  • 私にもわかるので,どんな人も読めば理解できそう。(40歳代女性)

テキストの内容

テキストの内容

質問の出ないテキスト

当教室のインストラクターが時々1人で8人の受講者の相手をしていることからもわかるように、このテキストを読んで操作をしている間は、ほとんど質問が出ません。
練習問題になれば話は別です。でも「テキストに書いてありますよ。」と言ってあげれば、受講者はテキストに戻って、操作できます。(でも、入会時に最終的には市販の本でも理解できるように習慣つけるためにテキストに沿って自分で学習していただくことをよく説明しておく必要があります。)
自費出版も考えましたが、これが世に出回るとパソコン教室に人が来なくなります。そして当教室と同じように地域の人に喜んでもらいたいと一生懸命に頑張っている教室をつぶしたくありません。そのような教室にだけ使ってもらいたいテキストです。したがって、1件1件電話で営業し、契約先まで出向いて契約しております。また、契約先のほとんどが一度は当教室を見学しておられます。

充実の内容と豊富な練習問題

WORD基礎(前編)-(後編)-応用
EXCEL基礎(前編)-(後編)-応用
はMOS試験に出題されやすい部分を中心に説明しております。

それほど広範囲な内容をおじいちゃん、おばあちゃんでも理解できるように考慮したため,基礎が2冊になってしまいました。
それだけに受講者はテキストを読んだだけで理解できるようになっています。

テキストの節目節目に練習問題を折り込んで作成しています。
そして、そのほとんどに解説を入れております。それだけに各テキストには付属の練習問題だけで60ページ前後のボリュームがあります。

全面的なフォローをお約束

そして何よりテキストの内容については当教室が全面的にフォローいたします。
また生徒数が伸びないと悩まれている教室には,チラシの内容から生徒様が辞めないようにするためのフォローなども希望によりお受けいたします。
パソコン教室で益を出したいとお考えのあなた、安心してご購入いただけます。

PageTop