2018年度第1回勉強会(4月開催)

平成30年4月22日(日)に第1回ホエール勉強会が新潟県上越市で開催されました。

会場:ミュゼ雪小町

勉強会:13:10~17:10

懇親会:18:00~ 「アートホテル上越1階アレーグロ」

弊社を合わせて、19教室、39名の勉強会です。


株式会社ジョイスクール 代表取締役 伊藤様より開会の挨拶

株式会社ジョイスクール 代表取締役 伊藤様

今回の交流会の幹事をしてくださった株式会社ジョイスクール 代表取締役 伊藤様より、開会の挨拶がありました。

弊社代表取締役大前より挨拶

弊社代表取締役 大前

できるだけホエールとしてやめない教室作りにどんどんこれからもチャレンジしていきたいと思いますので、活発なご意見よろしくお願いいたします。

株式会社ジョイスクール 代表取締役 伊藤様より「多店舗経営をするにあたって」

株式会社ジョイスクール 代表取締役 伊藤様

  • 授業の前に10~15分速聴読書をしてもらっている →インストラクターの手があくので、その間にちょっとした受付や簡単な質問に答えたりする時間に使っている。
  • カルテの記入や練習問題の返却などは生徒様にやっていただき、なるべく自分の事は自分でやっていただくようにしている →インストラクターの手があいた分を他のところの接客へ。
  • 初回のレッスン、無料体験などで初めてお越しくださる方へパソコンの横にWelcomeカード(しおり)を置いている。
  • 入会の時にしっかり相手の話を聞く →「自分がなにをしたくて、どうなりたいのか」をお聞きして、「そのためには私たちはこういうお手伝いができます」という話にもっていくことで、ここは自分の願いを叶えてくれる場所だと分かっていただけると思う。
  • 毎月イベントを開催している(忘年会、新年会、料理教室、バス旅行、ランチ、陶芸体験、ボーリング、芋掘りなど…) →1年分のイベントの様子を「思い出ムービー」と題してムービーを作成し、忘年会の時に流している。
  • 生徒様に講師をしていただき、生徒様主導で何かをしていく会を増やしていきたいと思っている。生徒様にも輝いていただいて、もっている技術や特技を活かせてあげたらと思っている

株式会社日本ビーコム戸所様より子供向けプログラミングテキストについて

株式会社日本ビーコム戸所様

  • 学校では小学生が社会人になる2030年代に必要な力を育てる準備が進んでいる
  • 国は、2020年に向け、機器の整備と指導する先生への研修などを急いでいる
  • 2020年から1日に1回はICTを1人1台使い授業を実施
変化に激しい社会へ対応できる人材とは、学校で学んだ知識や技術を定型的に適用して解く力だけではなく
  • 問題に直面した時点で集められる情報や知識を入手し、それを統合して新しい答えを創りだす力
  • アイデアや情報などの交換、共有、アイデアの深化や答えの再吟味のため他者と協働、協調できる力
文部科学省では、大学試験もこうした人材を選ぶものに変えることを決定し、2020年から実施します。

弊社代表取締役 大前より「今のパソコン業界について」

弊社代表取締役 大前

  • ご参加くださった教室様より事前にいただいていた質問に弊社 代表取締役 大前がお答えさせていただきました。
  • 今後の展開としてシニアのスポーツジムみたいなものができればと考えています。ホエールとしては、生徒様に長く通ってもらえるように質を高めてブランド化させ、これからもお客様満足を求めて接客していきます。

経営者分科会「これからのパソコン教室の経営を取り巻く環境と変化と対応について」

パソコン教室経営者分科会の様子

① チラシでの集客が難しいが、HP上から問い合わせが増えている
② 売上と集客のどちらを取るのか?
③ キッズプログラミング
④ シニアの生徒さんが辞めていく
⑤ 商工会議所パソコン教室

インストラクター分科会「お客様は何を求めているのか?どのようなサービスを提供したら良いのか?」

パソコン教室インストラクター分科会の様子1パソコン教室インストラクター分科会の様子2

3班に分かれて分科会を行い、最後の各班の代表者が発表しました。
<各教室で行っているサービス>

<困っていることや対応方法>

懇親会~会場:懇親会~アートホテル上越1階アレーグロ~

パソコン教室懇親会の様子 パソコン教室クイズ大会の様子1 パソコン教室クイズ大会の様子2

クイズ大会を用意して下さり、上位3名は上越名物のお土産が当たりました!


幹事役を引き受けて頂いた株式会社ジョイスクールの皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。

PageTop