2013年度第2回勉強会(6月開催)

意見交流会1

平成25年6月9日(日)に第2回意見交流会が長野県松本市にて開催されました。

会場:長野県松本市 NOVAビル

雑談時間:10:00~13:00
意見交流会:13:00~16:30
懇親会:17:30〜

弊社を合わせて24教室(40名)の方々が交流会に参加されました。


参加教室様

意見交流会2

意見交流会3

意見交流会4

たのしいパソコン教室みっぷす
倉石竜也様、倉石治子様、佐藤様

ナトリPCスクール
萱場雅之様、萱場光江様

株式会社イナマツ
内藤様

意見交流会5

意見交流会6

意見交流会7

OZインターナショナル
西島様

パソコンスクールネットスクウェア
林文範様、林文智様

株式会社日本ビーコム
戸所様

意見交流会8

意見交流会9

意見交流会10

有限会社学優舎
廣瀬様

エレックスジャパン株式会社
山口様

わらびしい倶楽部
石灰様、江川様

意見交流会11

意見交流会12

意見交流会13

ミップス新井パソコンスクール
伊藤様

パソコン教室えがお
加賀美様、横内様

らくらくパソコン教室
佐藤様

意見交流会14

意見交流会15

意見交流会16

株式会社YESパソコン学院
及川様、武田様

ミップススギウラパソコン教室
杉浦様

アウトフィット有限会社
西谷様

意見交流会17

意見交流会18

意見交流会19

パソコン教室大町校
佐和様

株式会社アミタ
新田泰啓様、新田浩子様

パソコン教室ウィンズ
高村様

意見交流会20

意見交流会21

意見交流会22

パソコン倶楽部わかば
小澤本彦様、小澤明美様

パソコン教室PCアルターナ
佐藤様

すまいるパソコン教室
鈴木様

意見交流会23

意見交流会24

意見交流会25

株式会社矢崎
水ノ江様

有限会社インタークエスト
河野様、藤本様、大島様、
安坂様、小林様

有限会社ホエール
大前、東野、松崎、鈴木

雑談時間

今回、意見交流会の開始は13:00~となっていましたが、会場は10:00~より開放し、意見交流会に参加される方が名刺交換やあいさつ等、雑談時間として意見交流会の開始前から交流されておりました。

意見交流会26

意見交流会27

意見交流会28

パソコン教室ホエール大前よりあいさつ

わくわくパソコン教室様、たのしいパソコン教室みっぷす様の教室の壁面で使用されている、テキストの流れを説明した掲示物の販売を開始しました。(世界ワード→ワード1→ワード2→ワード3等・矢印・吹き出し)印刷したり、はさみで切ったり掲示物を作成する手間が少しでも省けるかと思います。価格は1,000円。河野社長は教室の休憩所の壁面に貼っている。すると、生徒さん自ら次はこのテキストに進みたいとの声が聞けるとのことです。

株式会社日本ビーコム戸所より脳を鍛えるキーボード入力練習のご案内

キーボードのトレーニングソフトの開発を20年以上前から手がけておられ、13年程前から学校を中心に利用していただいている。全国の小中学校を中心に550~600校の学校に利用され教育委員会からの問い合わせ等もある。
小学校では先生がタッチタイピングを教えることが忙しさ、技術の面でできない。タイピングの練習をする時は最初から手元を見ないように練習する。最初から手元を見ないで練習するから手元を見ないで打てるようになる。決して慣れたら手元を見なくてもいいようになるわけではない。
現在ではシニア向けのタイピングソフトとしてテキストも同時に作成。

わくわくパソコン教室河野社長講演

意見交流会29

意見交流会30

意見交流会31

DHMO(ジハイドロジェン・モノオキサイド)について
・酸性雨の主成分
・原子力発電所で使っているもの
・たくさん吸引すると死に至る
・食品にも添加されている
・発泡スチロールの製造工程で使われている
・これを使うと鉄も腐る

正解は…水

イメージを悪くするなら、水でさえこんなにある
いろんなパソコン教室の方と話す機会があるが、「ああでないとダメ、こうでないとダメ」悪い条件を重ねても仕方がない。
やる前から「こういうことは無駄なんじゃないか?」といわれることもある。やってみてどうだったのかが大事で、また一度だけで判断できるものでもない。チラシも同じ。コンスタンスに継続することが大事。
地域、地形、近隣の店舗状況等でどうしたらよいのかも教室で変わってくる。意見交流会はそういったことを相談できる相手を探し、出会う場所。
精神論よりも策を教えて欲しい教室もいるかもしれないが、それはパソコン教室のスタンダードができてからの話。ホエールから「運営の手引き」というスタンダードがあるので、利用するといい。何回も読み返すと初めは気付かなかった点や今修正すべきことに気付くことができる。策はスタンダードができてからの話。
教室内のイベントや旅行等で生徒さんとの距離を縮める。生徒さんは、最初は「習う」ことが目的で教室に来るが、教室に来ている内に「通う」ことが楽しみになる。そうしていかないと生徒さんに飽きられてしまう。
パソコンができる人がパソコン教室をすると、どうしてもパソコンを覚えてもらわないといけないんじゃないか?、どうしても叩き込まないといけないんじゃないか?、「上達すること」が最大のサービスだと信じ込んでしまう。

わくわくパソコン教室では、生徒さんが練習問題を終えて印刷すると、スタッフが教室の全ての生徒さんに発表する。この練習問題の難しい点や工夫した点等を発表すると、嫌で退学する生徒さんはいないが、やってくれと頼んでくる生徒さんはいる。
お金のかからない、生徒さんのテンションが上がる、ちょっとしたこと
そういった工夫をスタッフみんなで考える。

パソコン教室は『習う事』から『通う事が楽しい』にシフトしないとダメ!

『商い』を『飽きない』に

株式会社イナマツ 内藤社長より

奥さんに意見交流会に行く旨を伝えると、奥さんから「意見交流会に頻繁に行くけど、なにか実りはあるの?」と聞かれ考えた。考えてみると意見交流会に参加する理由は生徒さんと同じ想いだと思う。新しい人との出会い、そして何回か参加されている方との再会。参加すること自体が楽しみになっていて、教室の生徒さんと同じような想いをさしてもらう場。

座談会

今回グループ分けはせずに自由として、皆さんで話をされておりました。机があると、特定の人同士でしか話をしないようになってしまうと河野社長よりお話があったのですが、皆さん席に座る様子がほとんどなく多数の方とお話しをされたいい話し合いと挨拶の場になったと思います。

懇親会の様子

意見交流会32

意見交流会33

幹事役を引き受けてくださった、有限会社インタークエスト河野社長様と教室スタッフの皆様、司会進行役を引き受けてくださった、たのしいパソコン教室みっぷす倉石様と教室スタッフの皆様ありがとうございました。

PageTop