2009年度第1回九州勉強会(2月開催)

意見交流会1

2009年2月1日に宮崎にて九州地区の契約教室様で意見交換会がありました。

会場:あったかパソコン教室ココ様

あったかパソコン教室ココ様見学11:00~12:30
意見交換会14:00~17:00
懇親会18:00~

弊社を合わせて8オーナー様(計15名)の合同勉強会です。


参加教室様

意見交流会2

意見交流会3

意見交流会4

あったかパソコン教室
上野様ご夫妻、大村様

有限会社コンピュータネット
馬場様

ソキウス
西村様、牧野様、縄田様

意見交流会5

意見交流会6

意見交流会7

ITフロンティア・マーテック
矢山様

壱岐OAシステム株式会社
小崎様

Pladyゼミナール
古林様

意見交流会8

意見交流会9

有限会社あまくさ藍ネット
大曲様

パソコン教室ホエール
大前、東野、畠中、福井

意見交流会10

意見交流会11

意見交流会12

意見交流会13

あったかパソコン教室ココ様見学

午前中、「あったかパソコン教室」様の教室の見学会で、ホエール東野の提案で、教室のレイアウトの変更を皆で行いました。 入口にあったお茶のみスペースと奥にあった事務デスクを入れ替えました。(入口からよく見える位置にお茶のみスペースを移動)

昼食では、都城名物かしわめしをいただきました。

意見交流会14

意見交流会15

意見交換会

●ホエールに質問

Q.「ホエールはフランチャイズ?」
A.
「全くフランチャイズの考えはない」
・31,500円は、練習問題ダウンロード、掲示板などのWeb関係、情報交換会費用
・こちらが指導するというよりも、こちらから提供できることは提供させていただくし、いろいろな成功事例をどんどん作ってもらって情報を交換するようにしていっていただきたい。
・最近ネットワークでよくない動きがあるので残念に思う。弊社は契約先の皆様と人間的なお付き合いをしたい。上下関係ではなく、対等な立場でお互いに伸びていく関係でありたい。

Q.「マニュアルはないの?」
A.
・以前、運営マニュアルを弊社で作成し、ご希望の契約先様へお渡しした。
・現在、運営、経営のマニュアルを校正中。
・運営マニュアルどおりにされているところはほとんどない。そのとおりにしたら、雰囲気などが変わってくるはず。
・弊社はPR(広告関係)より、接待の部分(コーヒー、おしぼり、ソファー、など)にお金をかける。
・お客様に長く続いてもらうことに力を注いでいる。
・お客様に不便を与えない。
・お客様に感動を与える。

Q.「なぜホエールは60歳以上が集まるの?」
A.
・若い人はお金を持っていないし、目的達成するとやめてしまう。
・シニアにターゲットをしぼり、楽しい場所を作ることに力を注いでいる。

Q.「チラシを打っても反応がない?どうすれば集まるのか?」
A.
・シニアの方にどんな言葉が響くのか自分で勉強する。
・統計をとってみて、現在多く来られている地域に集中的に打つ。
・シニアの方は、「この年で覚えられるのか?」、「行っても楽しいのか?」ということに不安を感じておられるのでそのへんをチラシにもりこむ。
・弊社では、在学者、退学者にアンケートを実施し、それに紹介カードをつけ、郵送した。一教室に2名ずつ入会者があった。

意見交流会16

意見交流会17

●チラシ、入会説明についての話し合い
・説明会の実施について、一人しかスタッフがいない場合に授業と説明と一度にできない。
A 休みの日に説明会を実施してみては?
B 普段から生徒さんと親密になっていれば差し障りがない。
・説明会を、プロジェクターで実施している教室様もある。
・説明会で一緒になった方と一緒に入ると、生徒さんは安心感がある。
・弊社では、最近手書きのチラシを作成している。

●月謝のコースの回数について
・月8時間コースを増やしたい。ホエールのコースは、標準コース(月8時間)から上と下(月4時間コース、13時間コース)が選べるのがよい。
・月13回コースの意味は、単価が安くなる。(以前は1000円を切っていた)
・食べ物でも松竹梅があり、一番下は選びにくい。→松竹梅コースにしては???(笑)

●練習問題の渡し方
・練習問題はまとめて渡してしまうと受講期間が伸びないだけでなく、質問攻めで教室がまわらない。今のテキストになったのは、質問があがらないようにということで作られた。空いた時間でアナログな人間関係を作るために作ったテキスト。練習問題を渡してしまうとそこが欠けてしまう。
・時間内にできなかった練習問題に対しては、コピーを渡している。
・練習問題は一切渡していない。カラーコピー機がないとごまかしている。実際は長く来てほしいから。

●ホエールの教室がなぜ辞めないのか?
・最初にチラシを打つお金がなかったから。それなら辞めない教室を作らないと話にならない。入った人数より辞める人数が少なければ増えていく。
・チラシは当たりはずれがあるが、守りは当たりはずれは少ない。
・弊社では、退学者数を月3名以内、生徒数200名以上なら、退学者、6名以内に抑えるように言っている。

懇親会

懇親会の様子です。
都城市の「武蔵坊」というお店で行いました。

意見交流会18

意見交流会19

意見交流会20

意見交流会21

PageTop