2008年度第3回近畿勉強会(4月開催)

意見交流会1

2008年4月13日に大阪にて近畿地区の契約教室様で意見交換会がありました。

会場:堺市民会館 4F会議室

10:00~17:00
懇親会18:30~

弊社を合わせて13オーナー様(計31名)の合同勉強会です。


参加教室様

意見交流会2

意見交流会3

意見交流会4

わくわくパソコン教室
河野様、他1名

有限会社森田電子サービス
森田様

有限会社ニプコ山陰
佃様、他5名

意見交流会5

意見交流会6

意見交流会7

パソコン教室IKOI
高橋様

パソコン教室クリック泉ヶ丘
藤井様

パソコン教室フレンド上野芝
大矢様

意見交流会8

意見交流会9

意見交流会10

合資会社PCラーニング
伊村様

パソコン教室ITザウルス
人見様

パソコン教室クリック
石本様

意見交流会11

意見交流会12

意見交流会13

パソコン教室トーセミ
登地様、他1名

山梨総合ビジネス株式会社
渡邊様

パソコン教室ホエール
大前、他6名

意見交流会14

意見交流会15

Q,何を第1に教室を運営するのか?

目先の利益だけを追いかけてもいずれは限界を迎えます。
まずはお客様に喜んでいただくためにはどうすればいいかにこだわった運営をする。
そうして生徒数を増やしていかれる教室は、生徒が辞めないし、例え10年後にパソコンを誰も習わなくなる時代が来たとしても、お客様がパソコン以外のことで満足して、気に入って通ってくださっている教室は、別の商売に変えたとしても成功するのではないでしょうか。

意見交流会16

意見交流会17

Q,1000名集めて既存100名の当たり教室と400名集めて既存200名の当たり教室の違い

FC時代に教えられた当たり教室は1000名ちょっとを集めて、現在は100名程に対して、なぜ200名の教室は生徒様の退会率がそんなに少ないのか?
パソコンの内容だけでは半年もしない間に辞められてしまう。「どうしたら生徒様が満足してくださるのか、そして辞めないのか。」をこだわって教室運営をする必要がある。FC時代と比べ入会金が格段に上がったが、別に安売りしなくても入会金を高くとっても、必要を感じる生徒様は来てくださるという事を実感した。

意見交流会18

意見交流会19

Q,「教えない教室」に成功の手ごたえを!

「忙しい」、「やる事がない」、「お金や時間にゆとりがない」といってやめる人の理由に納得していては教室の成長はありえない。忙しくても必要と感じるなら辞めないし、回数を減らしてでも来てくださる。
たとえ事情があっても、満足していればリピーターとして戻ってきてくれる。
習うというより楽しみに遊びに来ている。「別に教えない」でも来ているだけで癒されるパソコン教室にしたいと語ってくださった教室さまもいらっしゃいました。

意見交流会20

意見交流会21

Q,無制限コースは魔法のようなシステム!?

ある教室様の体験談です。すごく悩んだ末「ご年配の無制限コース」をカリキュラムに取り入れました。
無制限は入会後6ヶ月は最低受講していただくという条件で始めました。
そうすると生徒様が人が変わったようにゆとりを持って受講されるようになったり、授業中に授業そっちのけで世間話に花が咲いたり、生徒様もインストも楽しそうにしてました。これを見て、地域性なんて関係ない、システムに問題があったんだと痛感したとおっしゃいました。

意見交流会22

意見交流会23

Q,イベントはどうやっているのか?

今年になって生徒様と花見で盛りあがった教室様の事例です。

花は関係なくただ単にみんなと飲みたいということで居酒屋で会話やビンゴで大いに盛り上がられたそうです。ホエールでもボーリング大会などイベントは行っていますが、企画からお店の予約、値下げ交渉、教室展示用のご案内の作成など、インストラクターがやるのではなく、生徒様がやってくださっているという事をお聞きして、生徒様とのコミュニケーションの深さに感動いたしました。

途中でお昼や休憩時間のほうが話が盛り上がっているとアドバイスを頂き、急遽4つのグループくらいに分け、席替えをしながらディスカッションをしました。

意見交流会24

意見交流会25

Q,生徒様の退会や再入学について

「生徒様が辞めようとされる時に無理にとめない」とおっしゃった教室様がいらっしゃいました。
そこは1教室で200名位を集めておられる教室様で、今年になってからの退会者が確か3名くらいだったとお聞きしたと思います。
テキストベースだと、どうしても自分1人でも出来ると錯覚を起こしてやめようとされるそうです。
そこで無理には引き止めないそうです。
しかし、教室に魅力があると、生徒様が自分一人でやったけど無理だったと戻ってこられるそうです。
その時はいらない詮索をせずに受け入れてやる態勢を作ることを心掛けているという事でした。
リピーターが多いという事は生徒様にとって魅力ある、必要とされている教室かがわかるバロメーターなんだと思いました。

意見交流会26

意見交流会27

Q,丁寧な応対は逆にダメ?

「お客様は神様です」という考えで、生徒様に必要以上に丁寧に接していたら、ある時、生徒様との間に壁を作ってしまっていた。という事に気がついたといわれる教室様がいらっしゃいました。
笑い話なんですが、弊社では友達が来たようにしているところが多いです。
生徒様と仲良さそうに、龍野校では「いらっしゃ~い」、安富では右手をあげて「おう」と生徒様と挨拶しているときがあります。(もちろん相手を選んでいると思います)
生徒様もまんざらではない顔をしていますし、相手が不快だとか失礼だと思っていなければ、タメ口でも何でもいいのではないでしょうか。

意見交流会28

意見交流会29

Q,入会説明で気をつけていることは?

声が大きい、明るい、笑顔、教室の雰囲気を見てもらう
その上で、講師側からではなく受講中の生徒様を巻き込んで説明すると生徒様が後押しをしてくれ、スムーズに入会していただけたり、受講時間を増やしたりしてくださる
いくら講師が説明しても、広告塔となる生徒様の言葉にはかなわない

意見交流会30

意見交流会31

意見交換会の中で1ヶ月にかかったチラシ代を聞き、改めてびっくりしたとある教室のインストラクター様が言っておられました。
一人の生徒様を獲得するのにどれだけの見えない経費がかかっているのか、そして

「従業員の給料は、社長からいただいているのではない。通ってくださっている生徒様一人一人から出ている」

という事を改めて考えて接客してほしい。というメッセージを強く感じました。

懇親会&2次会の様子

だんだんと恒例になってきました懇親会と2次会の様子です。
お酒も入り、皆様と仕事についての心構えや理想などを熱く語ったりと、
時には楽しみ、時には勉強になる素晴らしいひと時を持たせていただきました。

意見交流会32

意見交流会33

意見交流会34

意見交流会35

意見交流会36

意見交流会37

意見交流会38

意見交流会39

意見交流会40

意見交流会41

意見交流会42

PageTop